• 更新日:2020.05.19
  • 投稿日:2020.05.19

フリックシェイク4.8インチの使い方を徹底解説!

フリックシェイク4.8インチは、釣れるワームとして昔から有名なルアーです。
ストレートワーム系で、誰もが使ったことがあると言っていいほど、評判が良く持っておいて損をしないワームだと思います。

しかし、使い方を間違えると全く釣れないワームにもなってしまうので、改どのようなセッティングやロッドワークをすれば良いのか紹介していきたいと思います。

ジャッカル フリックシェイク4.8のスペック

国内海外問わず、どこのフィールドにも適応し実績があるワームです。
4.8インチにはカラーにより価格が違っており、2トーンカラーの方が100円高いです。
8本入りになりますので、1本あたり90〜100円ほどですね。

カラーも50種類を超えており、どんなフィールドにも対応しているのが魅力的です!

重さ 推奨フック 価格
3.7g #4(マス針) 710=810円

フリックシェイク4.8インチの重さは、3.7gほどなので、針を付けて4g程度ですので、スピニングタックルで投げるのをおすすめします。

フリックシェイクの使い方

フリックシェイクの使い方は、大きく分けると5つほどあります。
「フリーフォール」「ボトムシェイク」「ズル引き」「中層トレース」「放置」

フリーフォール

バスが中層付近にいることが多いと思った日やアウターなどバスがあまり動きたくない時には、このフリーフォールが有効です。
バスが居そうなポイントに、投げてボトムに着底させるを繰り返すことで、落ちてきたワームに興味を引き食いついてくることがあります。

ボトムシェイク

フリーフォールと混ぜながら使用する方法になりますが、まずワームを投げてボトムに着底するまでにバイトが無かったら、そのままラインテンションを緩めながらシェイクしてみてください。
ボトム付近にバスが居るれば、食いついてくることもあります。
ポイントとなるのが、ラインテンションを張りすぎないことです。
張りすぎると、一回のシェイクで大きくワームが移動してしまい、バスにワームの存在をアピールしきれないことがあるためです。

ズル引き

ボトムに着底したら、そのままロッドを横に引きズルズルとボトムを引きずる感じでアクションさせます。
ズル引きでよくヒットするときは、引いてラインを巻き始める瞬間によくバイトしますので、ズル引きの間に数秒停止させる時間を作ることがとても重要です。

中層トレース

インチワッキーやネコリグで重りが付いた状態で、中層付近でシェイクしながら巻いてくる手法になります。
広範囲を早く探りたい場合などにも有効で、トレースするには少し慣れが必要です。

放置

実は意外と釣れるのが放置という方法です。
バスが居そうな場所に、ワームを投げ込みそのまま2~3分放置することで、プレッシャーがかかったフィールドでは有効です。
放置でもワームは水の中で実際には少し動いていたりしますので、バスにはアピールすることはできます。

フリックシェイク4.8のおすすめリグ

フリックシェイクは放置しても釣れるワームとして有名で、一番ヒットするのはフリーフォール中が多いと言われています。
自分自身も、フリーフォール中でのバイトが多く、独特な揺れ方がバスを魅了しているのだと思います。

そこで、おすすめなリグを紹介したいと思います。

ノーシンカーワッキー

ワーム中央に針を横刺しする方法になります。
おすすめのフックは、ガード付きマス針の#4前後を使用すると良いと思います。
一番手軽で、投げてボトムに着くまで待つを繰り返すだけのリグになります。

インチワッキーリグ

秦拓馬さんが良く使用するリグで、初心者にも一番使いやすいリグだと思います。
マス針に、重りが付いており、フリーフォール中アクション性が増し、よりバスにアピールすることができます。
また、重りの重さにより、中層などレンジをコントロールしやすくなるので、初心者の方はノーシンカーではなく、インチワッキーから始めるのをおすすめします!
重さは0.9g〜1.3gあたりを使うことで、一番良い動きを出すことができます。

ダウンショットリグ

ボトム付近をふわふわと漂わせたい時に使用するとよいリグです。
重さは0.9g〜1.3gぐらいの範囲で使用し、重りが着底後しばらく放置し、その後ロッドをちょんちょん動かしながらアピールさせます。
個人的にはあまり使用しないリグですが、アピールを弱くした方が釣れる時には効果的だと思います。
※使わない理由は、セッティングが面倒なだからだけです。。

ネコリグ

ワーム頭部にネイルシンカーを刺しアクションさせますが、この通常のフリックシェイクの頭部が平らになっていないため、シンカーがとても刺しにくいです。
ですので、ネコリグをやりたい場合は、ネコリグ専用のネコフリックというパッケージの方を購入することをおすすめします。
もちろん、できないことは無いので、1g~2g範囲のシンカーをおすすめします。

おすすめのタックル

フリックシェイク4.8は、スピニングタックルでやることをおすすめします。
ワームアクションを最大限引き出すためには、ラインを極力細くする必要があり、「フロロ:6ポンド以下」「PE:0.8号」あたりが一番使いやすいと感じます。